2020年10月01日 - 三重県四日市市の太陽光発電・保険ブログ

太陽光の売電収入保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
2020年10月01日 [太陽光保険]
台風の被害には、突風によるパネルの破損、洪水や土石流による本体の破損、他の物体の飛来で本体が破損、などいろいろなケースがありますが、件数では落雷に次いで多い事故です。
台風の被害は、20万円を超えると元から支払われるフランチャイズ契約、免責無などいろいろ選ぶことができます。
太陽光の設備は比較的標高の高い僻地にあることが多いので、「水害の補償は要らない」と答えられるお客様は多いです。
しかし、鉄砲水や土石流は山間地でも起こっています。
この場合、水害の補償を付けていないと全く補償されないことになります。
台風の被害で一番件数が多くかつ金額も高い被害は、実はこうした土石流などによる流失なのです。

お問合せ・ご相談フォーム

このページの先頭に戻る